満中陰志のお返し☆購入サイト6選

トップ > 満中陰志のお返しについて > 香典のお返しの満中陰志に関するマナー

香典のお返しの満中陰志に関するマナー

 満中陰志とは、葬儀に参列してくれた人からのお香典のお返しのことを呼びます。
葬儀が終わりひと段落着いてから、お返しの品を贈るのが昔からの習わしとして残っています。
満中陰志ではなく、「お志」と呼ぶ地域もあるようです。
人が亡くなってから49日間を「陰志」と呼び49日目が訪れたときに「満中陰」と呼ぶことから、満中陰にお返しする志という意味合いで「満中陰志」と言われるようになりました。
このことから考えて、お返しを贈る日も満中陰が過ぎて忌明けしてから1ヶ月の間とされています。
葬儀後はいろいろと法事や用事も続いてバタバタすることが多いので、多少お返しの日にちは前後してもかまいません。
しかしながらできる限りは、忌明け1ヶ月の間に贈るようにするのが葬儀のマナーと言えます。

 満中陰志にお返しする品物は、いくらくらいが相場でどのようなアイテムが良いのでしょうか。
一般的には、お香典の半返しが基本です。
つまり5000円のお香典をいただいた場合には、2500円相当の品をお返しすることになります。
けれどもたくさんの人からお香典をもらった際に、それぞれの額の半分を計算して異なる品物をお返しするのは大変です。
完璧な半返しをしなくとも、だいたいの相場は2000円~3000円で良いでしょう。
品物に関しては、形がなくなる物であることがマナーです。
よく見られる品物は、和菓子の詰め合わせやお茶セットなどのグルメ品です。
食べ物に関しては賞味期限の長い物を選ぶことが大切です。
そのほかにも洗剤や石鹸などを贈る人もいます。
品物にはのし紙を付けて、お香典のお礼状を添えて贈るようにしましょう。

 満中陰志をもらった場合に、さらにお返しをする必要はあるのでしょうか。
一般的には、満中陰志はお香典のお礼の品なのでそれに対して再度お返しをするのは不要とされています。
しかしながら手元に無事に品物が届いたことを、相手に知らせたいと思う人もいるでしょう。
一言お礼を言いたい場合は、お見舞いの気持ちも含めて手紙やハガキを送るようにします。
忌明けしているとはいえども、大切な人を失った遺族の悲しみはだんだんと強くなるものです。
悲しみに寄り添うと共に、失礼のないように手紙の内容には十分に気を付けたいものです。
満中陰志のお返しに関しては、メールやラインで返すのはマナー違反とも言えます。
心のこもった丁寧な自筆にて、お礼の言葉を送るようにしましょう。
手紙のデザインも、できれば無地で派手ではないものを選ぶようにします。

次の記事へ