満中陰志のお返し☆購入サイト6選

トップ > 満中陰志のお返しについて > 満中陰志の選び方やマナーについて

満中陰志の選び方やマナーについて

 葬儀を執り行うことは長い人生の中でも滅多にあることではなく、無事に終わったら一安心と考え気も抜けてしまう人が多いです。
しかし葬儀が終わればそれで全て終了というわけではなく、満中陰志の準備もしておかなくてはなりません。
満中陰志と聞くと馴染みがないと感じてしまいがちですが、仏教でいう香典返しにあたります。
宗教や州は、地域などによりマナーにも違いがあるので贈る時期や書き方など基本的なマナーを始め、きちんと調べ失礼に当たらないように気をつけておきましょう。
金額に関しては三分の一とされていましたが、近年では半額が一般的になっています。
もちろん必ず半額でなければならないというわけではなく、いただいた金額に合わせて臨機応変に対応するようにしておくことが必須と言えるのではないでしょうか。

 直接相手に会い葬儀に関するお礼を伝えて渡すに越したことはありませんが、近年では郵送する人も増えておりマナー違反という考えではありません。
郵送にするときには当然添え状も忘れないようにし、内容に関しても失礼に当たらないやつに配慮しておく必要があります。
いただいた金額よりも高額なものをお返しとして返すのは、失礼に当たってしまうのでいただいた金額をしっかりと把握して選ぶことも大切です。
品物選びは最も頭を悩ませるポイントになりますが、最低限のマナーとして頭においておかなくてはならないのが食品や日用品など後に残らないものを選ぶという点です。
葬儀は縁起が良いものではないので、後に残ってしまうものは嫌がる人が大半であり残らないものから選ぶことを心掛ける必要があります。

 葬儀に参列していただいた方は故人と親しかったというケースが多く、葬儀を執り行った遺族はあまり交流がないことも多いです。
そうなれば相手が喜ぶお返しがわからないのはもちろんのこと、家族構成や好みもわからず悩むのではないでしょうか。
悩んだ際に役立つお返しとして近年ではカタログギフトが身近な存在となっており、香典返し専用のカタログギフトも準備されるようになりました。
表紙や内容も香典返しにふさわしい仕様となっていたり、熨斗も付けてもらえてマナー違反になる心配がありません。
受け取った本人は自分が好きなものを選ぶことができるので、不要なものを受け取ってありがた迷惑となることがなく、贈る側も何が良いか品物選びで頭を悩ませる必要がないという双方にとってメリットがある贈り物となっています。

次の記事へ