満中陰志のお返し☆購入サイト6選

トップ > 満中陰志のお返しについて > 満中陰志の選び方のポイントとは

満中陰志の選び方のポイントとは

 葬儀と関係深い存在となっているのが満中陰志ですが、実際にはどんなものかしっかり理解していない人も多いのではないでしょうか。
満中陰志は仏教でいう香典返しであり、葬儀の際に香典をいただいた人に対するお返しという意味があります。
一般的には香典としていただいた金額の三分の一から半返しとなっていますが、必ずしもそうでなければならないというわけではありません。
高額をいただいた場合に半返しや三分の一となれば負担も大きくなるので、その場合には少ない金額でも問題はないとされています。
気をつけなくてはならないのが、いただいた金額よりも高額を返してしまうというケースではないでしょうか。
いただいた金額より高額を返すことは大変失礼な行為にあたるので、金額に関してはしっかり把握しておく必要があります。

 葬儀は縁起が良いものではないのでお返しに関しても後に残ってしまうものではなく、食品や消耗品など消えものを選んでおくことがマナーとされています。
しかし相手の趣味嗜好がわからなければ、何を贈るべきかで悩んでしまうのではないでしょうか。
もちろん家族構成により適したアイテムにも違いはあるので、よく考える必要があります。
何が良いかアイテム選びで悩んだ際に役立つとし、近年人気を高めているのがカタログギフトです。
カタログギフトは香典返し用の商品が準備されているのはもちろんのこと、金額も豊富にあり選択肢が多いというのも魅力となっています。
今の時代ならインターネットを使って簡単に手配することができ、直接相手の自宅に郵送してもらえるので手間がかかるということにもなりません。

 カタログギフトは心がこもっていない贈り物になってしまうのではないかと考え不安に感じる人もいますが、近年では定番の贈り物として使用されており、お返しとしてもぴったりのアイテムになっていることは確かです。
受け取った側は自分が欲しいものを選ぶことができるので、本来ならタブーとされてある肉や魚を選ぶこともでき不要なものをもらってありがた迷惑となる心配もありません。
贈る側はカタログを選ぶ必要はありますが、品物を選ぶよりもはるかに簡単であり頭を悩ませずに済むようになります。
双方にとって役立つのがカタログギフトであり、香典返しにもぴったりとして近年さらに注目を集めていることは確かです。
もちろんタイミングや添え状、熨斗といった基本的なマナーは理解した上で贈るようにしましょう。

次の記事へ