満中陰志のお返し☆購入サイト6選

トップ > 満中陰志のお返しについて > 満中陰志のマナーや選ぶポイント

満中陰志のマナーや選ぶポイント

 満中陰志は仏式でいうと香典返しを返す式にあたるため、香典返しという意味で考えておいて問題はありません。
今の時代では香典をいただいた人に対してお返しをするという意味になっています。
表書きに記す言葉となっており、主に関西で使用されています。
お返しの品物にお礼状などを添えて香典を頂いた相手に対し、葬儀のお礼や四十九日の法要が無事に済んだということを伝えるためにかなり重要な存在です。
本来ならば直接会ってお礼の気持ちを言葉で伝えつつ渡すことになりますが、近年では遠方に住んでいるなどの理由から郵送となることも珍しくはなく、マナー違反ではないとされています。
形式やしきたりに縛られない自由との高い葬儀が増えていますが、ある程度基本となるマナーは存在しているので香典返しに関してもマナーは守るようにしましょう。

 タイミングや添え状に関するマナーはもちろんのこと、どんな品物をお礼として選ぶのかも重要なポイントとなってきます。
金額に関しては頂いたよりも高額を返すのはマナー違反にあたるので、三分の一か半分程度になるように考える必要があります。
もちろん現金をお返しとして贈るのは大変失礼になってしまうので、品物を選ぶようにしておくべきです。
しかし品物といっても贈る相手の好みがわからなければ、何が良いかで頭を悩ませるのではないでしょうか。
年齢や家族構成はもちろんのこと、好みに合わせてどんなものが良いか考えて選ばなくてはなりません。
ありがた迷惑になってしまわない品物を選ぶのは、そう簡単なことではないことは明らかです。
何が良いかで悩んだ際に役立つ贈り物として近年注目を集めているのが、カタログギフトです、

 カタログギフトは人気の贈り物となっており、贈り手と受け取る側の双方にとって利点が多いギフトと言えます。
老若男女問わず気にいる商品があり、金額やジャンルも豊富なのでシーンに合わせて贈るカタログを選ぶことができます。
期限にさえ気をつけておけば欲しい時に欲しいタイミングで申し込むことができ、選ぶ楽しみと商品到着を待つ楽しみがあるのも良い点ではないでしょうか。
冠婚葬祭のように、当日ギフトを持ち帰るシーンでもカタログギフトならかさばることがないので、大変な思いをさせる必要がありません。
カタログギフトの仕組みがわからないという年配の人もいるので、贈る相手によりふさわしくないというケースもあるので気をつけましょう。
香典返しとしてもぴったりであり、双方にとってメリットがあるアイテムの一つです。

次の記事へ