満中陰志のお返し☆購入サイト6選

トップ > 満中陰志のお返しについて > 満中陰志のマナーや選ぶコツとは

満中陰志のマナーや選ぶコツとは

 満中陰志は聞き馴染みがなくどんなものかわからないという人が大半ですが、基本的には香典返しと同じと考えておいて問題はありません。
主に関西で使われており、表書きに使用されているのが満中陰志となっています。
香典をいただいた人に対するお返しですが、宗派や宗教はもちろん地域によるマナーにも必ず違いはあるのでよく調べて失礼にあたらないようにしておくべきです。
近年では早期はかなり自由なスタイルになりつつありますが、いくら自由といっても基本的なマナーには決まりがあるのでしっかり理解しておくべきであり、満中陰志に関しても最低限のマナーは守らなくてはなりません。
金額やアイテム選び、贈るタイミングや送り方など基本となる、押さえておかなくてはならないマナーは頭においておくようにしましょう。

 香典としていただいた金額の半額から三分の一を返すのがマナーとなっており、いただいたよりも高額を返すのはマナー違反です。
金額だけではなく何を返せば良いかで悩む人も多いですが、基本として現金や商品券は選ぶべきではないということは忘れてはいけません。
アイテムを選ぶべきですが、食べ物をはじめとした後に残らないものを選ぶことが重要になってきます。
葬儀はおめでたいことではないのでそれに関するものが後に残ってしまうことを嫌う人が大半であり、消えものを選ぶようにしておきましょう。
肉や魚もマナー違反となっていますが、そうなれば何を選んだら良いかで悩むのではないでしょうか。
相手の趣味や嗜好がわからなければ悩むのは当然のことであり、その際に役立つのがカタログギフトという選択肢になってきます。

 カタログギフトを香典のお返しとして贈ることは、今の時代では珍しいことではありません。
実際に贈るとなれば送り方で悩む人も多くもちろん直接手渡しするにのしたことはありませんが、遠方に住んでいるなど様々な理由から手渡しが難しいということもあるのではないでしょうか。
その場合には一般的なギフト同様に、配送することになります。
わざわざ自分で配送業者に持ち込まなくても、ギフトショップから直接郵送してもらえるというのも、カタログギフトのメリットではないでしょうか。
郵送なら直接手渡しをするために時間をとらせる必要もなく、相手の都合に合わせて送れば良いだけなので互いに気を使う必要もなくなります。
もちろんギフトはシーンに合わせて贈るべきタイミングにも違いがあるので、しっかり考え適したタイミングで届くように申し込んでおくことが大切です。

次の記事へ