満中陰志のお返し☆購入サイト6選

トップ > 満中陰志のお返しについて > 満中陰志のお返しはどのくらいであるのか

満中陰志のお返しはどのくらいであるのか

 関西、西日本以外の人にはあまり聞きなれないことではあるでしょうが、満中陰というのがあります。
これは中陰が満ちたこと、要するに四十九日の忌明けを迎えたことをいいます。
これによって、しっかりと成仏した、ということになるわけです。
忌明けに法要を無事に済ませたという報告のために満中陰志のお返しを行うことになります。
お悔やみなどを頂いたことに関するお返しなわけですが、わかりやすくいってしまう香典返しに近い性質を持つ行為であると言えるでしょう。
ですから、決してそんなに極端に高額な物を、というわけではありませんから、そこまでの金銭的な負担があるわけです。
最近では香典返しはそのままその時に渡すというようなことも多かったりしますが、満中陰志のお返しとするのであれば四十九日を終えてから、ということにしましょう。

 満中陰志のお返しですが、どのくらいの金額のものを包むべきであるのかとか、どんなものをお返しするべきであるのか、ということがなかなか悩ましいことです。
極端に決まっているというわけではないのですがお茶とかお菓子とかそういったものを返礼として渡すのが一般的です。
油などでもよいでしょう。
要するに貰って困るようなものではないもの、ということがポイントになります。
お茶などは極端に好き嫌いがないでしょうから、これは安心して渡すことができます。
本来であれば手渡しをするのが礼儀としてはまず重要となるわけですが、今時はそんなことは難しいでしょうから、郵送で、となります。
そのときにはキチンとした熨斗をつける必要性があります。
適当にただ送る、というわけではありませんから注意しておきましょう。

 満中陰志のお返しの相場としては基本的には頂いた香典の金額の半分程度となります。
これは大抵、どの地域でもそのくらいの相場となっています。
しかし、香典はかなり大きな金額を包んでくる人もいたりします。
香典の金額が極端に大きいということがあったりするのでそういう時には何と言っても半分というのはちょっときつかったりするので1/3程度ということも多かったりします。
最近の葬儀では香典返しは即返しが多くなってきています。
その場合は金額を見てこの金額以上であればこの香典返しを渡すということで一律で行ったりするわけですがこの場合はそれなりに時間的な余裕がありますのでひとつひとつ確認して行えるという利点があるわけです。
もちろん、一律で金額に応じたお返しとするのも悪いわけではないです。