満中陰志のお返し☆購入サイト6選

トップ > 満中陰志のお返しについて > 満中陰志のお返しの注意点として

満中陰志のお返しの注意点として

 満中陰志は四十九日法要の香典返しと同じものであり、主に東日本などでは使われることがない言葉となっています。
つまりは、西日本を中心としたタイプの葬式に関する風習の一つと言えるでしょう。
満中陰志についての基本的な知識として、まずは返礼の金額があります。
一般的に言われているものとしてお返しは香典と比例して金額が高くなるということでおおよそ半分くらいのものをお返しするというのが基本です。
贈るものは基本的には何でも良いのですがそれこそ一般的にはお茶とかお菓子といったようなものが多いです。
カタログギフトなんてものも最近では一般的になってきていますので、選ぶのが大変とか相手にそれなりに選択権が与えられるようなタイプのものの方が良いだろうという考えの人はカタログギフト選ぶようにした方が良いでしょう。

 満中陰志としてお返しする品物というのは基本的には形が残らないものにするにはベストとはなっています。
つまりは、使えばなくなるもの、食べればなくなるものというような形にしますと負担も少なくなるので良いです。
具体的に残ってしまう物品で特に利用価値が少ないようなものということになりますと捨てるわけにもいかないということで相手に迷惑をかけるということになりますので使えるものにするというのが基本となるでしょう。
あまり向かないものとしては食べ物の中でも肉とか魚といった生物はお勧めできないです。
また、お酒も基本的には縁起の良いものとして使われるものがありますのでそういったものも避けておくと無難であるというのでしょう。
そうした点から見てもカタログギフトなどにするとそういうものも選びやすくなるので相手に任せられる点においてはかなり優秀なのはカタログギフトなのです。

 満中陰志に向かない品物は当然ですがお返しの時には避けるようにするというわけですが無難にするというのであれば普通にお茶などを送っておけば大丈夫です。
最近では香典返しというような形でお返しをするというのは今でも続いているものですが葬儀の時などにその日のうちに帰してしまうということが増えています。
その方が送料のコストもそうですし、手間などもかからないでしょうしある意味合理的な考え方で行われているといえる部分にはなるのですが、満中陰志のお返しとなりますと四十九日の法要の後にということになりますので葬儀の後すぐにお返しするということではなくなります。
そういう風習なのだということである程度は納得して行うと良いでしょう。
地域によってはそれが絶対に行わなければならないような常識的な行為と認識されていることもあるわけで最近のようにその場ですぐに返礼してしまうというのは無礼と考える人もいるのです。

次の記事へ